赤トンボと娘/動画制作での想い

エッセイ

今日は退院後はじめての診察だった。ちょっとまだ薬の影響や、長く家での生活をしていなかったりで疲れやど忘れが多い娘。ゆっくりゆっくりと元気になればよい。

私は入院中時に家に帰った娘とハーモニカを練習したが、ちょっと吹くだけで彼女は疲れてしまった。
ムリやり、頑張れ!は禁物。リクエストがあり再び【赤トンボ】をここに。

ここドイツの一時は静養も兼ねていたから、遥々日本からきたといっても、予定表は埋まらずだった。今日?明日の具合に合わせ、やっとの外出。ここ北ドイツのシュベリン城、すぐ隣には息子の所属の劇場がある。天気に恵まれ、城の地下の船着場。城は湖の中にあるのだ。貴族が昔ここからボート🚣‍♀️を出していたのだ。

彼女が眩しそうに水面を見る。病状は良くなかった時期だ。主治医が気分転換に許可した海外旅行。彼女は嬉しそうに振り返った。
その時の印象を私は再現しようと思い作った動画。ハーモニカは私の出したい音でだす。徳永先生の曲のなかでもこの素朴な赤トンボ。娘も大好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

… 蛇足…
ゆっくり時間を過ごさねばならない。日本の教育は実は焦らすことばかり。しかし変り身の速い社会は、もし間違えた風潮を作っていても有耶無耶にしていく。傷つけられたり取り残されたものの多くは救われていない。
私は..以前あるお方に指摘された…水に流せない女だから、記憶しちゃっている。マスコミの報道の矛盾とか造語とか稚拙でみてらんない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のブログは本当に日本,海外…SNSでお知り合いになった様々な方のアドバイスあってです。皆様には大変感謝しております。いつも私を励まし元気を下さりありがとうございます。

そして私の徳永サウンドは一風変わっているかもしれませんが、徳永先生がそれを温かな目で見てくださっている事も嬉しい限りです。

ハーモニカって誰でも取り組みやすいから、私はこの先もっとハーモニカの魅了を啓蒙したいと思うのでした。そしていつか私でなく娘が幸せそうにハーモニカを吹く姿を見たいです。

Hitoco

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました