ジャズセッションでの気づき

ハーモニカ1

セッションで練習したもので簡単な動画を作ってみました。後でうちに帰った時どんな所がまずいかチェックするためです。録音だけしかしていないので画像をつけてみました。

データが重いのでYouTubu経由を使用することに。動画って数分でも制作が大変です。慣れていればなんて事がないのかもしれませんが、慣れていないうちに忙しさにかまけ時間が経ってしまうとまたどうやるのだっけという具合です。

ジャズセッションは本当に練習の場なので、ミスをしたらどこが悪かったのかとか、次はどうしようと考える場であります。

そして音楽の対話であるから、相手との兼ね合いを意識しなくてはなりません。初めのうちは経験不足で萎縮しがちです。

ようやく慣れてきた今日この頃、ミスはどこにあったのか?わかります。今日アップロードしたものは実際の曲の五分の一です。

今日は私が後テーマに入った時を取り上げてみました。実は曲を知らなかったメンバーにこんな曲だと説明しているうちに、全体の流れをベースマンに伝えていなかったのです。メディテーションという曲はなんとなく長く間延びした感があります。なのでテーマをワンコーラスとか終わらないうちにバトンタッチでBメロから入るとか約束を決めなくてはいけないのですが、ベースマンは私にBメロからバトンタッチしたかったのです。けれど私はワンコーラスやりたかったので曲の頭から演奏を始めました。なので初めの2小節のベースの音が違うのにみなさんは気づきましたでしょうか。

初めのうちセッションはハプニングの連続です。でも辛かった初めの頃を乗り越えバンドメンバーに色々伝える事が出来るようになってきた今日この頃です。

以前はミスを伝えることすらできなかったのですから進歩です。

Twitter ハーモニカのある生活 でのぼやきをまとめています。

HITOCO

コメント

タイトルとURLをコピーしました